ロボットと共存する未来を生きるために必要な事

花ちゃん先生
カテゴリー
子ども達へ
日々の想い

No.485

怒涛の週明けから 今日は
比較的ノンビリな花ちゃん先生です


ちょっと落ち着いたので
東京の振り返りを書いておきたいと
思います


【思った事】
やっぱ東京はIT技術が
進んでいるな~


Pepperが受付してくれる
Pepper Parlorです


ルンバの?背高バージョン
みたいなロボットが お料理を
自動で運んでくれます😲


ずっとこの 最先端の環境にいる東京の
子ども達と 未だにアナログに
浸って生活している広島の
子ども達・・・


しかも世界はもっともっと
進化しています


どげんかせんといかん!
(古っ!)


Dream Tech Schoolが
もっともっと子ども達に身近に
技術を体感してもらえる場に
なるように 伸びしろいっぱい
見つけましたよ🎵



【花ちゃん先生の つぶやき】


ホントの事言います
花ちゃん先生 Pepperは
おバカなロボットだと
思っていました
(ホントごめんなさい)



だってね・・・
今どき スピーカーでも
電気付けてくれたり
音楽流してくれたり
してくれるでしょ?


Pepperは そんなこと
全然やってくれないし
会話は スムーズじゃないし・・・

って思ってたんです
ところが どっこい!!
(またまた 古っ!)


Pepperは 超お役立ちロボット
だったんです!!



Pepperには顔認証機能があるので
保育や 介護現場にも使えます


マイクロビットと連動して 生徒や
子ども達の体温管理も出来ます
そして 熱がある子どもや老人の
方を 教えてくれます


大会では
Pepperが宿題をするお手伝いをしたり
コンビニの店員になったり
保育士さんになったりしていました


子ども達の着眼点と自由な発想で
Pepperは何者にも なり得るんですね


これからの時代 ロボットと対立するのではなく
共存していく社会がやってきます

その中で いち早くロボットの制御方法を
知っておくことは 子ども達の未来に
大きく役に立ちます


来年のリベンジに向けて
Pepperの可能性を探っていきます♪


今回850校の中の24校に
選ばれた事自体 快挙だと
思っていますが 子ども達は
一位のシリコンバレーしか
眼中にありません


社会貢献に順位は必要ないと
言えばそれまでですが やはり
がんばるエネルギーとして
順位があった方が やりがいが
あります


段原本校は ドリテクのポリシーである

プログラミングは人を助けたり
楽しませたりするために使うもの

が 子ども達の心に しっかりと根付く
Pepper社会貢献プログラムを軸に
プログラミングスキルと主体的に
生きるチカラを養っていきます


今日の天才キッズ 幼稚園組の
授業風景🎵
この子達が 小学生になって
活躍するのが楽しみです😊


SNSでシェアしよう!!

関連記事を読む

教室のお問い合わせ・お申し込み

ご相談・お問い合わせ等お気軽にお電話・お問い合わせフォームからご連絡ください。

082-890-5377

お電話での受付時間:09:00~18:00
休業日:毎週水曜日

082-890-5377

お気軽にご連絡ください。

受付時間9:00-18:00
082-890-5377

電話での受付時間9:00-18:00 休業日:毎週水曜